歯科用CTについて | インプラント仙台

お問い合わせ

歯科用CTについて

歯科用CT

歯科用CTのメリット

見えなかったものが見える

従来のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造などもリアルに見えます。

放射線量の低被爆を実現

総合病院などにある医科用CTスキャンは撮影時に1回で約2000マイクロシーベルトの放射線量を浴びると言われています。当院の歯科用CTスキャンは非常に低い放射線量で世界最小の低放射線量のCTスキャンを導入しております。

わからなかったことがわかる

顎の歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形状や骨質、骨量の状態、病巣などを立体画像で確認できます。

治療の安全性が広がる

インプラントだけでなく、根管治療、親知らず、矯正など、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。

PAGE TOP