ホームページに騙されるな | インプラント仙台

お問い合わせ

ホームページに騙されるな!

レビュー、投稿の危険性

令和元年10月2日のNHKの『クローズアップ現代』でも取り上げられましたが、Amazonのレビューについて「やらせ」が多く、謂わゆる口コミだけでモノの良し悪しを判断するのは危険であると、国民への警鐘を鳴らしてました。特に日本人は、情報に左右されやすい国民性であるとも、番組の中でも提言してました。Googleに代表されるような口コミサイトも同様です。私たちは「オフィシャルな情報」、「非オフィシャルな情報」を選択する必要があります。匿名性が高ければ高いものほど情報の正確さを欠くのは皆さんお分かりかと思います。Amazon、Googleなどのサイト運営者が悪いのではありません。不正確な情報を発信する側と、疑いを持たない受信する側の問題です。日本人に必要なのはメディア・リテラシー(注1)です。歯科においても同様です。
「うそぴょん」、「誇大」、「まぎらわしい」が蔓延っています。広告に騙されないためにも、次の点に注意してください。

レビュー、口コミが多すぎる、そして評価が高い医院には気をつけて

匿名レビューというのは、ネガティブな事実があれば、その不満を公表したい、という行動の現れです。つまり、他の人にも文句を聞いてもらいたい、その心境なのです。普通(5段階で3評価)であれば投稿はしません。逆によっぽど感動するようなポジティブな気持ちがあれば、それは投稿するはずでしょう。人間ですからプラス評価もマイナス評価もあるのが普通です。投稿者の他の評価を見て、ポジティブ(プラス)評価しかなかったら、「やらせ」の可能性が疑われます。逆にネガティブ(マイナス)しかなかったら、「ライバルを蹴落とすためのやらせ」かもしれません。世の中には、やたら貶(けな)したがる、やたら褒(ほ)めたがる、いろいろな性格の方がいるかとは思いますが、一つの医院だけに評価が多く、しかも良い評価しか無い、またはその反対で悪い評価しか無いのは、不自然です。
 さらに気をつけなければいけないのは、投稿者の投稿の数です。投稿が一つか二つしかない人が多い場合は、「やらせ」の可能性が高くなってきます。Googleなどは、一人で複数のアカウントを取得出来るので、名前を変えて一人で複数の投稿している可能性も否定できません。もしかしたら、内部の人間の自作自演かもしれません。
 歯科治療はAmazonとは異なり、一人で何件も受診することはありません。飲食などの他業種への投稿がなく、歯科だけの投稿だと、ますます「やらせ」度が高くなってきます。

歯科でもレビュービジネスが横行しています。

 では匿名ではなく、実名だったら信用出来るのでしょうか?実名であっても十分注意しなければなりません。歯科医院の予約サイトのレビューは実名ですが、要注意です。前提として氏名が本物かどうかわかりません。確認するすべはありませんので。
 エリア的にありえない投稿も多々見受けられます。例えば九州に住む方が東北の数件の医院を評価しているのを見ました。これって、不自然です。さらに、投稿者の他の評価を見ると、全国各地の医院に投稿されているのです。しかも、投稿内容もほぼ同じですので、真実性はかなり低いと言わざるを得ません。
 前述の、Amazonのレビューの「やらせ」同様、たとえ実名記名であっても、偽名の「やらせ」の可能性があります。昨今、自分に都合の良い投稿したり、ライバルに不利益な投稿をしたりする、ビジネスが横行しています。実名(偽名?)であってもレビュービジネスの可能性はあります。匿名でないから信用出来るわけではありません。


以下要点をまとめます。

  • 同一エリア内で、なぜか特定の医院だけレビューにや口コミが多い
  • 投稿者が高い評価だけ、逆に低い評価だけ、と偏った評価
  • 投稿が一つか二つと、投稿数が少ない人の割合が高い
  • 歯科だけで、飲食などの他の業種への投稿がない
  • マイナスレビューも「ライバルを蹴落とすためのやらせ」の可能性がある
  • エリア的にありえない投稿
  • 投稿の内容が似ている
  • 実名投稿でも信用出来るわけではない

注1【メディア・リテラシー】
メディア・リテラシー(Media Literacy)とは、インターネットや新聞、テレビなどが発信する情報を見きわめ、理解・活用する能力のこと。膨大な情報の中から必要なものを取捨選択するという観点から、広義には「情報リテラシー」を指す。政府は、特に放送分野のメディア・リテラシーについて、「主体的に読み解く能力」と「メディアにアクセスし、活用する能力」「メディアを通じコミュニケーションする能力」の3要素による「複合的な能力」と定義している。

レビューも口コミもダメなら、何を信じればいいの?

基本的に今の法的制度の下では、匿名(実名?偽名であっても)レビューも口コミも信用できません。 では、何を基準に選べばいいの?

ホームページのウソを見抜く方法をお教えます。

以下の記載がある歯科医院は、レビューや投稿で評価が高くても要注意です。

  • 「〜が選ばれている理由」
     自分たちが自ら選ばれているなんて、おこがましいと思いませんか?誰が、どのような基準で選んだか、出所を公開している医院は見たことがありません。インタラクティブではない、いかにも選ばれた医院のような誤解を招きます。これには騙されてはいけません。
  • 「痛くない」「腫れない」インプラントは誇大広告です
     まず、全ての患者さんに当てはまるような表現はガイドラインに抵触しています。完全にアウトです。「痛みを最小限におさえた」という表現だったら、ギリギリセーフかもしれません。筆者は神様ではないので全ての患者さんに「全く痛くない」とは言えません。
     インプラント治療は手術が前提です。個人差はありますが、大なり小なり痛みや腫れはあります。筆者は、患者さんの苦痛が最小となるように「静脈内鎮静法」や「全身麻酔」の配慮をしています。また、術後の疼痛腫脹を最小限に抑えるために、鎮痛剤や腫れ止めを点滴してます。それでも「痛くない」とは断言出来ません。「痛くない」「腫れない」インプラント手術ができるのは魔術師か奇術師だけでしょう。
    「痛くない」「腫れない」は医療人のモラルが問われれる表現です。
  • 年間○○○本の実績
     患者さんは、実績の真実はわかりません。適当に「誇大」なウソだって書けます。ゼロでも1,000本って書けます。多いからって、偉くも凄くもありません。
     仮に、歯科医師が審査診断をし、治療計画を立てて、埋入手術、2手術、印象、上部構造装着などを考えると、インプラント専門(詰め物、根の治療、歯周病などもアウトソーシング)でも医師一人当たり500本程度が限界でしょう。審美や歯周外科などの他の治療も入ってくると、筆者の経験では年間300〜400本程度ではないでしょうか?ただし、年間50本以下ではあまりに少なすぎるので、機材や部材が不十分の可能性もあります。経験値も低いと思いますので、確認項目かと思います。
     嘘を書いても、立証が困難で処罰は無いに等しいのが、今の広告規制の現状です。
  • 当地で○○年の実績
     世襲している医院によく見られます。親の世代から30年、40年と時間が経てば歯科医療の内容も大きく変化します。○○年の実績は何の意味ありません。筆者の実家は、慶長7年(1602年)から400年続く農家でした。老舗の旅館ならまだしも、農家でも歯科医院でも○○年って言われても、だから何なの?って感じです。
    昔と今は、技術、社会情勢全てが違います。むしろその医院がこれからの未来の方向性にどのように目を向けているかが重要です。
  • 医師○人体制
     医師の数は、治療の質を担保するものではありません。よく、親子世襲体制の歯科医院の広告に見受けられます。前述と同じで、世代が違うと治療の質、内容も大きく異なってきます。もちろん、常に勉強していくつになっても最新の技術を取得している、大先輩の歯科医師も多くいる事は事実です。
    筆者も常勤医師が数名いますが、それをセールスポイントにする気にはならないです。
  • ○○県からも来院されてます
     いかにも、遠方からも来院されている特殊な医院のような印象を与えます。実際、その地域から来院されているかの真実は患者さんにはわかりません。
    ホームページは何でも書けます。
  • 海外の○○大学のサフィティケート、ディプロマ
     日本の大学では稀ですが、多くの海外の有名大学では卒後研修コースを主催しています。それらのコースは、歯科医師なら試験も無く、誰でも受講できます。
    正直、大して自慢できるものではありません。お金を払って受講さえすれば、歯科医師なら誰でも、海外の有名大学のサフィティケート、ディプロマ(修了証)がもらえます。だいたいは月1回の日本で開催される土日コースで、期間も6〜12ヶ月の短期です。コースの最後にスクーリングで一週間程その大学に行きます。筆者も過去にアメリカの有名大学のセミナーコースを受講したことがあります。大多数が真面目に受講しに来ていましたが、中には仲良し修学旅行気分でスクーリングに参加されていたような歯科医師もいました。
     あたかも海外留学したような印象を与えかねない表現です。もちろん、海外に数年間留学され、学位を取得している立派な歯科医師も数多くいます。
    ○○大学のサフィティケート、ディプロマは参考にはなりますが、留学して取得したわけでは無いので、歯科医師の実力を担保しているわけではありません。
  • ○○の専門医、認定医
     仲良しグループでつくった、「○○研究会」や「○○アソシエート」といった、いかにも公共性のあるかのように謳った団体の専門医を見受けられることがあります。
    専門医・認定医は公共性があり、取得条件が明確であることが重要です。筆者が思う信頼出来る認定医、専門医の代表的な学会は以下の通りです。

  • インプラント
    日本口腔インプラント学会
    日本顎顔面インプラント学会


    矯正
    日本歯科矯正学会
    日本成人歯科矯正学会


    補綴
    日本歯科補綴学会
    日本顎咬合学会


    歯周
    日本歯周病学会
    日本臨床歯周病学会


    他にもありますが、代表的な学会を列記させていただきました。主観で列挙しましたが、共通項があります。それらはどの団体も、特定社団法人、特定非営利活動法人、か「口腔保健協会」 (歯科学会を取り纏めている団体)の所属です。つまり、皆公共性が非常に高いのです。これが見極めのポイントです。

  • ○○インプラントセンター
     現在、日本では医療機関で「センター」と名乗れるのは、国や自治体、独法が経営する医療機関だけです。例えば「国立ガンセンター」や「医療センター」といった、公共性が非常に高く、先進治療を実施している医療機関だけです。インプラント治療で「センター」という広告は認められていません。ホームページは広告に当たらないので、「○○インプラントセンター」と勝手に名乗っているだけです。医療機関として登録されているわけではありません。「センター」は、いかにも公共性があり、専門性が高いように聞こえますが、国や自治体から認められた医療機関ではありません。「センター」という違法な表記で患者さんを誘導していることになります。騙されてはいけません。
  • ビフォーアフター
     これは、難しい問題です。まず、現時点で症例をHPに載せている歯科医院は、厚労省の広告ガイドラインに抵触している事は事実です。企業コンプライアンスとしても問題あります。
    載せているの症例は、たまたま上手くいったチャンピオンケース(最高の出来)かもしれません。また、偶然の成功ケースだけを掲載するのも、如何なものかと思います。
    しかし、現状歯科医師のレベルを知る手段としては、症例しかないと筆者は思います。実際、筆者も以前は症例を載せていました。症例だけは、他人のケースを無断でコピーペーストするのは犯罪ですから、大多数は自分のケースかと思います。よって、歯科医師の実力を評価できる最良の手段だと思います。
     では、なぜビフォーアフターが禁止されているのでしょうか?それは、全ての患者さんに同じように適応するかのような誤解を与えてしまいかねないからなのです。個人的には症例開示は条件付きでも構わないので、解放してもらいたいと思っています。
    今でも、ビフォーアフターを載せているのは、ルールを無視している医院です。
    逆に載せていないのは、ルールを守っている、コンプライアンスの高い歯科医院か、チャンピオンケースすら無い歯科医院のどちらかです。
    判断が難しいですが、筆者目線で上記の問題ありのホームページの条件に突合すると、コンプライアンス的に問題あるのに、ビフォーアフターが何故か載っていない医院が多いように見受けられます。そんな医院は、チャンピオンケースも無いのかもしれません。つまり、人様には到底見せられない症例だからじゃないでしょうか。
まとめ

以下の記載のあるホームページは、注意深く見る必要があります。

  1. 自分で言うか?「〜が選ばれている理由」
  2. 「痛くない」「腫れない」インプラントは誇大広告
  3. ほんとかウソかわからない、「年間○○○本の実績」
  4. 全く意味のない「当地で○○年の実績」、「医師○人体制」
  5. 特殊性があるかのような「○○県からも来院されてます」
  6. 公共性のない、「仲良しグループの○○の専門医、認定医」
  7. グループ旅行、ついでの「有名○○大学のサフィティケート、ディプロマ」
  8. 「○○インプラントセンター」には騙されるな
  9. 上記に当てはまる項目が多いのに、ビフォーアフターを出せる症例がない

著者 阿部正明

PAGE TOP